農場紹介

Pig Fertilize松ヶ谷では、「繁殖農場」と「肥育農場」を分離した“2サイトシステム”を導入し、肥育を行っています。
薬剤にできるだけ頼らず豚を健康に育てるため、試行錯誤を重ね、独自の“スロー”な養豚を実践しています。

繁殖農場(見広繁殖農場)

見広繁殖農場では、たくさんの子豚たちがおおきくなるようにスタッフにより24時間体制で、豚舎内は清潔に、衛生的に管理しています。
病気の感染経路を断つため、農場は肥育農場と繁殖農場が分かれています。

第一繁殖農場 第一繁殖農場



第一肥育農場(蛇園肥育農場) / 第二肥育農場(萬歳肥育農場)

蛇園肥育農場では、70日令の子豚たちを導入します。
all in/all outで、肥育期間を充分にかけ、適切な栄養ときのこ菌床などで環境を整えて元気に育っています。
(all in/all outとは、豚の搬入から出荷までをグループ単位で一括して行うことです。)

エサには、植物性原料主体の飼料、乳酸菌群やオリゴ糖、ハーブ類、ビタミンEなどを飼料に加え、数種類のハーブを混ぜた飼料を使用するほか、飲み水には乳酸菌を加え、「薬剤以外」の方法で、豚の胃腸を健康にする取り組みに挑戦しています。
抗生物質やワクチンに頼らない健康な豚に育てています。

第二肥育農場 第二肥育農場


設備

堆肥場

「自然に近い養豚の追及」は、ふん尿の処理にまでおよびます。
豚舎から出るふん尿は、自社の堆肥場で完熟堆肥にして、近隣の農地に還元。地域環境にやさしい畜産をめざしています。